こどもの写真どうしてますか?googleフォトの便利な使い方と「みてね」との連携。写真のバックアップと万が一の復元方法

Gphto表紙 パパの趣味
Gphto表紙

最近は写真を撮るのが本当に簡単になったので、スゴイ量の写真がたまってしまいますよね(^_^;)

特に子供の写真なんか、恐ろしい量です。

まさパパ
まさパパ

フィルムカメラ全盛時代から生きているワタシとしては驚きを隠せない。

昔はフィルムを入れて、1本のフィルムでは24枚撮りとか、だったんですよ~。

今じゃ1日どころか瞬間に使い切ってしまう枚数。

フィルムの入れ替えも手間でした。

しかもすぐには確認できないんですよ。現像に出して3日。

考えられますか?(^_^;)

今では1年で1兆2千億枚もの写真が撮影されている現代。

たくさんの思い出や情報を残せるのはいいことだけど、困るのは写真の整理。そんな時便利なのが「Googleフォト」あなたは使っていますか?

こどもの写真共有に便利な『みてね』との連携についても説明します(≧▽≦)

Googleフォトとは?

言わずと知れたGoogleが提供するサービスの一つ。

クラウドサーバー(Googleの管理するでっかいハードディスクみたいなもの)に撮影した写真を保存してくれるサービス。

同じようなサービスはアマゾンプライムフォトや各種プロバイダでも提供しているものがあるけど、Googleフォトのすごいのは無料で枚数無制限で保存が可能ということ!

画像のサイズは最大解像度 16 MPに制限されますが、仮に印刷するとしてもはがきサイズくらいなら全く問題の無いレベルで保存してくれる神サービス・・・

だったんだけど、残念ながら写真データ無制限なのは、2021年5月で終了(ノД`)・゜・。

無料提供されていた「Googleフォト」の画像の無料・無制限バックアップは2021年5月末日をもってサービスが終了すると発表がありました。今後はGoogleドライブの容量の一部として、無料では15Gまでの容量に限定されます。この15Gは他のファイルやGmailの容量と合算になります。

とはいえ、無料で15Gならそれなりの枚数は保存できます。

15Gで足りない場合でも、月額250円で100Gまで拡張できる。

それくらいあれば、そう簡単に満杯になることはないはずだ。

クラウドってなんだか不安(‘Д’)

雲の上のなんだかわからない場所に自分の大切なデータを預けるのは不安。

そう感じるかもしれないけど、考え方によっては家のデータよりよっぽど安心ともいえるんだ。

ハードディスクの寿命って知ってる??

クラウドなんか信じられない。家のハードディスクの方が安心だぜ!

本当にそうだろうか?

あなたは家の写真を保存しているハードディスクの寿命って知っていますか?

ハードディスクの寿命はなんと『3~4年』だといわれています!

さて、お家のハードディスク何年使ってるか、こたえられますか?

ハードディスクは急に壊れます!!

バックアップを取ってあればいいけど、無い場合はすべてが消失します。

まさパパ
まさパパ

うちも一度やられました!危うく家族の思い出が全部パーになるところだった。

この時、バックアップの役目を果たしてくれたのがGoogleフォト。ホントGoogle様様。

うちのハードディスクも、引っ越しした次の月にいきなりアクセス不能になったことがある。

そのハードディスクには、子どもたちの誕生~今までの成長の過程すべてが詰まっていたんだ。

現在ハードディスクの容量は1Tなど大容量化しているので、一度の故障で紛失する思い出の量は半端ない。

この時は、すでにGoogleフォトに写真をすべてバックアップしていたのでほとんどのデータは助けることができたのですが、もしバックアップしていなかったら、子供たちの生まれてからの記録が全滅(;’∀’)

なんてこともあったかもしれません。

Googleが間違ってデータを消してしまう可能性が全くないとは言い切れませんが、家のハードディスクが壊れる可能性に比べれば比較にならないくらい安全なのは間違いないです(^_^;)

すでにハードディスクが壊れてアクセスできない場合

すでに、ハードディスクが壊れてアクセスできない場合は、無理にアクセスを繰り返すのはやめましょう。

まさパパ
まさパパ

データが呼び出せなくても、物理的に壊れていなければ、データを助け出す(サルベージする)ことが可能かもしれない。

上書きしてしまわないように無理なアクセスは禁物だ!

ハードディスクが読み込めなくなった場合は、早めにディスクへのアクセスをやめてデータ復旧サービスに依頼しよう。

すべてとはいかないまでも、かなりのデータを救い出すことができる。

ただし、無理にアクセスを繰り返すと、ディスク内のデータが上書きされて取り出せなくなる危険性がある。

大切なデータにアクセスできなくなった場合はできるだけ速やかにデータ復旧サービスに依頼しよう。

費用は結構掛かってしまうが、思い出はお金に換算できないからね。

こうならないためにも、以下にまとめたバックアップ方法を実践しておいてほしい。

家でのデータ保管にはRAID機能付きハードディスクがおすすめ

まさパパ
まさパパ

以前の反省を生かし、現在うちではRAID機能付きハードディスクを使用しているよ。

クラウド+RAIDで大切なデータをがっちり守ろう!

RAID機能とは?簡単に言えば、二つのハードディスクに全く同じデータを保存する機能。万が一片方のハードディスクが破損した場合、もう一方にはデータが残るので安全が保障される。

家族の写真など、消えては困るものはRAID機能のあるハードディスクに保存しよう。

ネットワーク接続できるハードディスク(NAS)なら、家じゅうのパソコンや、スマホの写真を一括して保存できるゾ。

Googleフォトと違って圧縮無しで保存できるのも魅力だ(Googleフォトも設定で圧縮無しにもできるが容量を圧迫してしまう)

GoogleフォトとRAID機能付きハードディスクの2段構えで、家族の大切な思い出を守っていこう。

DVDやSDカードも安心できない

大丈夫。うちはDVDに焼いてバックアップしてあるから!

というあなた!その考えも安心できませんヨ。

実はDVDも寿命があります。

一般的に「10年から100年」程度と言われています。

100年なら安心(^_^;)。。。そう思いますか?

データの保存期間はDVDの質、保存環境によってその時間は大きく変わります。

私のように50枚1000円みたいな激安メディアばかり使っている場合は、あまり信用ならないかもしれません(;´Д`)

一度、古いデータを再生してみることをお勧めします。

部分的にデータエラーが発生していたら、早めに新しいメディアにコピーやサルベージをしておこう。古いデジカメの写真などは、DVDにしか残っていない場合もあるから、この機会にまとめてクラウドにバックアップしておこう。

まさパパ
まさパパ

古い写真で、まだGoogleフォトにアップしていないなら、この後のやり方を読んでバックアップしておくのもいいぞ。

SDカードはもっと安心できない

これはSDカードも同様。

というか、むしろDVDメディアより安心できません

机の中で数年使わないだけですっかり消え去るなんてこともあります(;’∀’)

一般的にSDカードの寿命は書き込み1000回程度といわれている。

使い方や保管によってこの数字は大きく変わる。

特に繰り返し録画の多い車のドライブレコーダーなどではさらに寿命が短くなることが多いようだ。

まさパパ
まさパパ

経験的には、車のドライブレコーダーで1年、スマホやデジカメだと4~5年くらいからエラーが増える印象。

おかしいと思ったら早めの交換がおすすめだよ。

カメラやスマホの写真は早めにほかのメディアに移して保管する癖をつけないと、とんでもない悲劇に襲われるかもしれないよ(;’∀’)

安いSDカードは詐欺商品もあるから購入する際は注意しようね。

参考リンク→:wishで思いっきり怪しいSDカードを買ってみたら(゚д゚)!詐欺だった!!

Googleフォトの使い方

まさパパ
まさパパ

家庭だけでデータを保管しておくことの危険性を認識出来たら、ここからはGoogleフォトの使い方を説明していくぞ。

Googleのアカウントを持っていない場合はこの機会に作っておこう。

googleフォトはGoogleのアカウントがあればだれでも無料で使うことができる。

まずはGoogleアカウントでGoogleフォトにログインします。

ログイン出来たら、その画面上に写真のフォルダからファイルをドラック&ドロップするだけ。

これだけで簡単にアップロードできます。

一度に何枚でもまとめてアップできるので、過去の写真もまとめてアップしてしまいましょう(≧▽≦)

DVDやハードディスクに残したままの写真がある場合も、データを消失する前にどんどんアップしよう。

複合プリンターがあるなら、アナログ写真をスキャンして、画像データにすれば同じようにGoogleフォトでバックアップすることが可能だ。

こどもの絵もGoogleフォトでバックアップ

大量にたまっていく子供のお絵描きも、データとして保存すれば場所も取らずいつでも観賞できる。

スキャナーがなければ、スマホで写真を撮ってもOK。

Googleフォトアプリは、androidなら標準で入っている。

iPhoneでもアップルストアーから無料でインストール可能だよ。

写真の詳細データは編集可能

Googleフォトでバックアップした写真は右上にある(!)アイコンを押すと、右に詳細情報が表示される。

スマホやデジカメで撮った写真の場合は、データとして日時や撮影データも保存されるぞ。

GPSに対応していれば撮影場所も保存されるから、どこで撮影した写真かもよくわかってすごく便利!

鉛筆マークをクリックすることで内容の編集も可能だ。

そして、Googleフォトのすごい機能が「顔判別機能」

この写真に写っている人物が誰なのかを分類してくれて、人物検索をかけることが可能になる。

間違った人物を修正することでどんどん精度が高まっていくよ!

家族の名前は編集して入れておこう。あとあとすごく便利になるぞ!!

写真だけじゃない!動画もOK

「Googleフォト」とはいいつつも、実は動画もアップロード可能です!

画質は 1080p HD まで圧縮されてしまうけど、写真と一緒に一括管理できるのは非常に楽(≧▽≦)

動画っていつのだかわからなくなってしまったり、別に保存しているとなかなか見ることなかったりするんですよね(^_^;)

でも、Googleフォトだと写真と一緒に録画した日付ごとにまとめられるから、旅行の動画なども写真と一緒に思い出に浸ることができるんです。

無制限ではなくなったので、容量には注意しよう

動画のバックアップにはYouTubeもオススメ

「画質1080p HDなんて許せない!うちは4Kで保存する!」という方にはyoutubeがおすすめ。

youtubeは非公開・限定公開という設定があるので、人に見られたくないファミリービデオでも非公開にすれば専用の動画クラウドサービスとして利用することもできます。

ただし、youtube規約に反する音楽の使用などがあると削除対象になることもあるようです。

運動会などで、JPOPの曲がかかっているだけでも規制の対象になる場合もある(;゚Д゚)

注意しましょうΣ(・ω・ノ)ノ!

現在はyoutubeでデータ規制はないけど、Googleフォトのようにいつ無料・無制限が終了するかもわかりません。また、著作権侵害などでアカウントが凍結されると動画にアクセスできなくなる危険性もあります。あくまでバックアップとして考えましょう。

スマホの写真こそGoogleフォト!

Googleフォトにはandroid・iPhoneともにアプリがあります。

意外と知られていませんが、GoogleフォトはiPhoneでも同じように使えます。

スマホのアプリでは設定することで、撮影した写真を自動でアップロードしてくれる。

いちいち作業をしなくても楽ちん。

クラウドにアップされていれば、パソコンや他のデバイスで使うときもいちいちデータ移動しなくてもいいので楽ちんです(≧▽≦)

Googleフォト驚きの検索能力Σ(・□・;)

Googleフォトのすごいのはこれだけではないんです。

枚数が多くなると子供の写真を探すのも大変。

ところが、Googleフォトは人の顔を学習させることができるんです!!

上の詳細データ編集の項目で紹介したように、検索したい人の名前を入れれば、それがどんなに小さく写っているものであってもばっちり探し出してくれるんです(≧▽≦)

お友達と一緒遊びに行って写真を渡したいときも、必要な写真だけ簡単に抜き出すことができる!

コレ、ホントにすごい精度で選別してくれるんだ。一度使ってみて(゚Д゚)ノ

検索は他にも日時・場所(GPS情報があるものだけ)での検索も可能。

印刷する写真を選ぶときなんかにも重宝します。

まだまだすごい機能がたくさん!

Googleフォトには説明しきれないほどまだまだ機能がいっぱい(;’∀’)

気に入った写真をまとめるアルバム機能や、写真を見せたい相手だけがアクセスできる共有機能など私も使いこなせていないんですよね(^_^;)

容量無制限は終了したけど、使い勝手の良さと機能は他の画像保管サービスと比べても、突出して高性能で使いやすいです。

子供の写真共有だけなら『見てね』がおすすめ。

家族アルバムアプリ「みてね」

Googleフォトでも共有機能などを使えば、おじいちゃんおばあちゃんに孫の写真をオンラインで見せることは可能だけど、設定がちょっと面倒くさい(^_^;)

機械が苦手のじいじ、ばあばだとGoogleフォトは使いにくいという部分があります。(。-`ω-)

そんな時は『みてね』というアプリが便利。

Facebookができる前は日本で最も広まっていたSNS『ミクシー』が運営する写真共有アプリ。

難しい設定などは一切不要。

登録者が招待すればそこにアップした写真をだれでも見られるというアプリ。

子供たちの写真だけをこの『見てね』にアップすれば、いつでもかわいい孫の成長をお伝えできるというわけ( *´艸`)

アプリそのものは無料。

スマホアプリからのアップロードだったら無料なんだけど、パソコンの画像をアップロードするのは有料プレミアム会員にならなくてはいけない(-_-;)

でもそんなときに便利なのも『Googleフォト

Googleフォトを使えば、無料プランでも簡単にスマホ以外の写真データでも『みてね』にアップロードできます。

Googleフォトを使った『みてね』へのアップデート

  1. デジカメで撮った写真や、スキャンした画像データをGoogleフォトにパソコンからアップロードする。
  2. Googleフォトを開いて、『みてね』に送りたい写真を長押し。
  3. チェックが入るので、みてねに送りたいすべての写真にチェックを入れる。
  4. 「く」の字のような共有ボタンをタッチ。
  5. 下段の『アプリで共有』の中から『みてね』を選択

これでスマホで撮ったのではない写真も『みてね』に送ることができます(≧▽≦)

まとめ

いかがですか?

こんなに便利な機能をタダで使えるなんて、いい時代になりました(●´ω`●)

無制限こそなくなったけど、Googleフォトはまだまだ利用する価値がたくさんあります。

うちもデータが不足したら、有料課金してデータ容量を拡張するつもりです。

整理する手間がいらないのはすごく便利。

かわいい子供たちの写真がいくらでも撮影できますね(≧▽≦)

Googleのスマホpixelなら、制限開始後の2021年6月以降も無制限バックアップが継続!

スマホの乗り換え予定なら検討してみてはいかがでしょうか?

参考リンク→:pixel4a(5G)をお得に使う!OCNモバイル&楽天モバイルesim2枚運用

まさパパ
まさパパ

こどもの姿は今だけ!あっという間に成長してしまうよ!大切な瞬間をデータとして残しておこう!

あとで後悔しないように、毎日の成長の記録を写真で残しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました