pixel4a(5G)をお得に使う!OCNモバイル&楽天モバイルesim2枚運用

pixelデュアルSIM パパの趣味
pixelデュアルSIM

安くて高性能!

話題のRedmi note 9sをゲットしたものの、たった2ヶ月で電話の音声が聞こえない不具合が発生!

まさパパ
まさパパ

修理に出すにも、その期間中の代替え機がない!

そこで、思い切って最新スマホを購入することに。

条件は「おサイフケータイ機能対応」

そして、Redmi note 9sで便利だった「デュアルSIM対応

できればそこそこ高性能カメラ機能も充実。今後のために5Gに対応していたらいいな~

そんなわがままをかなえてくれるスマホは、おそらくこれしかない。

まさパパ
まさパパ

Google純正スマホ「pixelシリーズ」

今回は予算の都合上、最上位のpixel5ではなく、pixel4a(5g)を購入したゾ。

正確にはiPhone12でも同じことができるようだが、これまでずっとandroid派である私としては、今更iPhoneを使う気にはならない。贅沢な願望をかなえてくれるスマホはやっぱりpixelだけだ。

今回購入の「pixel4a (5G) 」は、4aとは言っても、その内容はほとんどpixel5と同等。ワイヤレス充電と防水以外はほぼ同スペックだ。

性能比較は前回の記事を参考にしてくれ。

今回は、pixel4a (5G) のデュアルSIM運用と、使ってみた感想を紹介するよ!

使ってみよう!デュアルSIM

デュアルSIMとはどういうことか?

簡単に言えば、二つの電話会社のSIMカードを1台の電話で利用できるスマートフォンのこと。

今回故障してしまったRedomi note 9sもデュアルSIM対応で、2枚のSIMを挿して利用していた。

ただし、pixel4a(5g)にSIMスロットは1つしかない。

デュアルSIMで運用するためには、1枚は物理SIM、もう1枚はeSIMを用意しなくてはいけない。

楽天モバイルは物理SIM・eSIMの交換手数料が無料

現在、日本の通信業者でeSIMに対応しているのは、IIJ(インターネットイニシアティブ)と楽天モバイルのみ(2020年12月現在)

IIJmioは最安データ通信専用1G:480円から利用可能。

今なら音声通話付きでも同じ480円で利用できるから、電話番号を二つ持つことも可能だ。(2021年2月3日まで限定)

でも、もっとも簡単にデュアルSIMを体験するなら楽天モバイルを契約するのがいい。なんてったって1年間タダだ。

もうすでに楽天モバイルを物理SIM で契約していても安心してほしい。

物理SIMからeSIMへの乗り換えは無料で簡単。

アプリ上の操作で、5分もあれば完了する(≧▽≦)

まさパパ
まさパパ

私もすでに「物理SIM」で楽天モバイルを利用していたが、簡単な操作で「eSIM」に切り換えることができたゾ。

事項ではSImの切り替えを紹介するよ。

楽天モバイル「eSIM」乗り換え方

eSIMの変更は楽天Myアプリから無料で簡単に行える。

アプリを開いたら、[契約プラン]-[各種手続き]へ進もう。

続けて[SIM交換]-[その他の理由]-[eSIM]を選んで[再発行を申請する]

確認画面で問題ないことを確認したら、確定を押そう(≧▽≦)

切り替えの時間は数分で完了する。

準備中の画面から変化がなければ、一度アプリを止めて再起動すると完了に変わることが多い。

そうしたら「開通手続きをする」をタップ。

eSIMへの変更はこれで完了。

pixel4a(5G)にeSIMを読み込ませる

開通手続きが完了すると、eSImのQRコードが発行される。

これをpixel4a(5g)を所定の手順で設定し、読み込めば完成。

歯車マークから「ネットワークとインターネット」を開き、「モバイルネットワーク」の右にある「+」をタップ。

一番下の「かわりにSIMをダウンロードしますか?」をタップ。

出てきたカメラ画面で、前のスマホ画面に表示されているQRコードを読み込めば完了。

物理SIMを入れ替えないでも、楽天モバイルに接続することができるようになります。

導入がうまくいけば、電波表示が二つになる。

「Rakuten」が確認出来たら、新しいスマホにもMy楽天アプリをインストールしておこう。

どちらのSIMをメインで利用するかの設定

設定で「電話・SMS」と「モバイルデータ通信」のデフォルト設定を行う。

二つの電話番号どちらでも受信は可能だが、発信はこの設定で定めた番号からの発信となる

メインで発信に使用する番号のSIMを選択しておこう。

データ通信を利用するSIMを選択する

モバイルデータ通信も同じ。

設定されているSIMのデータが使用される。

まさパパ
まさパパ

3大キャリアのSIMを利用する場合、最も安いプランに契約変更し、データ通信は2枚目のeSIMを利用すればデータ通信料金を大きく削減することができるゾ

pixelシリーズはツインアプリには非対応

今後のアップデートで改善されるかもしれないが、pixel4a(5G)は中華スマホで搭載が増えている「ツインアプリ」には対応していないため、SIM2枚での運用はできるが、番号を二つ使い分けてLINEを二つ入れるなどの利用はできない。

ツインアプリとは、一つのスマホに2枚のSIMを入れて、二つの番号それぞれに紐づいたアプリを利用するためのアプリ。一つのスマホで2つのLINEアカウントを利用することができる。oppoやXiaomiなどのデュアルSIM対応機種の一部が対応している。

残った物理SIMは返却が必要

eSIMに切り換えると、手元には楽天の物理SIMが残ります。

eSIM切り替えの説明には記載がない場合があるが、これは返却が必要。

以下の住所に返送しよう。

送料はこちらもちになる。着払いでは受け取ってもらえないので注意しよう。特に記載はなかったけどおそらく普通郵便でいいんじゃないかな。

楽天「物理SIM」返送先:

〒143-0006

東京都大田区平和島3-5-1 B棟2F

「楽天モバイルSIM返却係」宛

SIMと一緒に自分の情報が分かるように、名前・電話番号・住所を記入して返送しよう。

私の契約構成

現在契約中の通信業者は、

  • (メイン)『OCNモバイル』1Gプラン:1,180円(税込1,298円)/月
  • (サブ1)『楽天モバイル(格安SIM)スーパー放題S2G:1,982円(税込2,180円)/月
  • (サブ2)『楽天モバイル UNLIMITED5G』無制限(パートナー回線5G ):0円

外で多く動画を視聴するので、超過後も1Mbpsで利用できる楽天モバイルは必須。

楽天が2つあるのは格安SIM版を契約中に、どんなものなのか試したくて、もう1回線契約したから。

今はpixel4a(5g)にOCNと楽天UNLIMITED5Gの2枚で運用している。

来年3月に楽天モバイルの無料期間が終わるので、その時点で楽天エリアが広がっていれば現在のUNLIMITED5Gを解約して、格安SIM楽天を「UNLIMITED5G」に切り替えて使用する予定。

その時点で楽天の基地局設置状況によっては、今話題の「ahamo」にするかもしれない。

楽天モバイルは室内での通信状況が悪すぎるんだよね(。-`ω-)

まとめ

pixelシリーズのデュアルSIM設定は簡単。

特に楽天モバイル UNLIMITED5Gなら、SIMの切り替え手数料も無料ですぐに利用することが可能。

まだ、メインの回線として利用するには不安が大きい「楽天UNLIMITED5G」だけど、サブ回線として2枚目のSIMに利用するのはアリ!

pixelシリーズでデュアルSIM対応なら、ぜひ利用してください(≧▽≦)

pixelシリーズの詳細については過去の記事もみてくださいね。では~

参考リンク→:話題のGoogle純正スマホ「pixel4a(5G)」を購入したよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました