スパリゾートハワイアンズ攻略法~体験編~

福島

ついに到着!ハワイアンズ(≧▽≦)

駐車場から結構歩きます

ハワイアンズシリーズもついにファイナル。

準備万端でやっと到着しました。いわき湯本ICから高速を降りて3分で到着!

街路樹にはヤシの木が並びすでに南国気分。

日帰り客の駐車場は第1~第3まであり、もちろん第一が一番近くて楽です。

ですが第1は駐車台数がかなり少ないので、夏のトップシーズンはオープン前に行かないと難しいです。

第2はかなり広いので停められると思いますが、入場口まではなが~いエスカレーターを登り、世界一のウォータースライダーを横目にウォーターパークの周囲をぐるりと回り、モノリスタワーの脇からさらにエスカレーターを登ってやっと入場口にたどり着けます(^_^;)

宿泊すると入り口近くの宿泊客専用駐車場に止めることができるうえ、駐車料金が無料です。

日帰りの場合は普通車で1回1,000円の料金がかかります(´・ω・`)

エントランスから入場

株主優待で入場するだけなら入場券は購入しなくても大丈夫。

入場口でQRコードを読み込ませれば入場できます。

今回はおとうと君の分が足りないのでAUスマートパス表示で20%OFFで購入しました(≧▽≦)

優待券だけで入場するなら券についているQRコードを読み込ませるだけで入場できます。

ハワイアンズは再入場不可なので忘れ物の無いように気をつけましょう。

早速更衣室で着替えよう!

日帰りで遊ぶならエントランス入って目の前の階段を上ると3階に女性用更衣室、4階が男性用更衣室になっています。

1階にも更衣室がありますが、数が少ないのでかなり早くいかないと空きがないかも(@_@)

また最後に「温泉大浴場パレオ」に入ってから帰るつもりなら最初から大浴場の更衣室に荷物を置くのがいいかもしれないです。

有料のコインロッカーなどもあっていつでも比較的すいています。

ハワイアンズにはもう一つ「江戸情話 与市」という露天風呂もあるのですが、こちらは風呂だけで体洗い場がありません。

無料のロッカーがある更衣室はあるけど、ここのロッカーのカギは持ち出せないのでお風呂以外に利用はできません。注意しましょう。

ロッカーの種類

ロッカーは200円~300円で使い切りのものと、400円~500円で出し入れ自由、最後に100円返却されるロッカーがあります。

便利なので出し入れ自由のほうが人気です。実質100円しか違わないしね(^_^;)

スライダーはいつも大人気!

ハワイアンズといえばやっぱりウォータースライダー!

ハワイアンズには4つの有料スライダーがあります。

浮き輪に乗って滑る『ワンダーブラック』『ワンダーリバー』、体で滑る『ワンダーホルン』、そして日本一の高低差&長さを誇る『ビッグアロハ』です。

有料スライダーはすべて身長120㎝以上ないと滑ることができません!

微妙な大きさの場合、初めに滑るとき身長を測ってもらい、腕に120㎝以上の印としてリングをつけてもらいます。

これがあればその日はほかのスライダーでも再計測なしに滑らせてもらえます。

このほかにもプール内に小さい子供でも滑れるスライダーが子供用のプール「ワイワイオハナ」にあります。

こっちは身長制限140㎝以下のお子様向け、無料なのでどんどん滑ろう(≧▽≦)

ワンダーブラック

ハワイアンズ公式ホームページより

エントランスから入ってすぐ目の前にあるのが「ワンダーブラック」

かなり高い場所からほぼ真っ暗なうねりまくったコースを一気に滑ります。

唯一、二人乗りで滑れるスライダーで、お値段は一人当たり200円

親子で乗ると400円になります。

これが、なかなかに怖い(^_^;)
小学生2年のお兄ちゃんはビビりまくって「もう乗らない」といっていました。

ワンダーブラック利用券の購入

支払いは乗り口下の小屋で支払います。

1回券200円か、 1日券 2,300円、6回券 1,050円もあります。1日券は腕に腕章の形でつけられるので他人と共有はできません(゚Д゚)ノ

1日券、6回券はブルーリバー、ワンダーホルン共通で使えるので滑りまくる予定があればお得かも。

でも滑るまでは結構並ぶので、混雑時は1日券で元が取れるかは不明。時間と相談してチケットを選びましょう。

ワンダーリバー

ハワイアンズ公式ホームページより

ワンダーリバーの入り口はワンダーブラックと同じ。

ワンダーブラックの中間地点くらいからのんびり滑るスライダー。あまり怖くないけど、回転がいいので結構早く乗れます。

支払い方法、値段はワンダーブラックと同じです。

ワンダーホルン

ハワイアンズ公式ホームページより

今回はワンダーリバーでお兄ちゃんがビビってしまったので滑らなかったですが、浮き輪に乗らず体一つで滑るスライダー。

これは屋内のスライダーでは一番怖そう(^_^;)

場所は前の二つとは離れていて、流れるプールの奥側に支払い所と乗り口があります。

お値段は同じく200円。回数券、一日券の使用もOKです。

ビックアロハ

ハワイアンズ公式ホームページより

これは別格(;’∀’)

流れるプールの上を渡り廊下で渡って大浴場パレスの方向に進むと入り口が見えてきます。

今回は滑らなかったですが、次回はチャレンジしてみたい(≧▽≦)

こちらは前の3種とは別料金体系になっていて、1回券500円
さすが日本一のスライダー。いい値段しますね(@_@)

休憩

エントランスから見て右奥に飲食店や休憩所があります。
無料なのは2階と3階の一部。

3階には有料の個室もあります。しかし1日8,000円からと、かなりいいお値段。ここを借りるなら一泊した方がいいかも。

無料の休憩所は机といすがあるだけで、何にもありません。ホントただ休むだけ(^_^;)

うちはロコモコを買って食べました。子供が喜んでお手頃な価格なのでおすすめです。

株主優待券に割引券も付いているので、持っている方は必ず持っていきましょう。

ホントはもっと堪能したいけど・・・

残念ながら今回はハワイアンズにお泊りではなかったので3時で撤収。

フラダンスも見たかったけど、子供は全く興味ないし(^_^;)

また次回ですね。

今回は天気も不順で屋外プールにも入れずちょっと不完全燃焼(@_@)

次こそリベンジですね。

今度行ったら「ビックアロハ」も滑ってレビューしたいと思います。

CMの「遊びきれないハワイアンズ♪」は本当でした(≧▽≦)

コメント

  1. […] スパリゾートハワイアンズ攻略法~体験編~ついに到着!ハワイアンズ(≧… […]

  2. […] スパリゾートハワイアンズ攻略法~体験編~ついに到着!ハワイアンズ(≧… […]

タイトルとURLをコピーしました