福島

ハワイアンズに行こう!必ず持っていくもの、あったら便利なもの13選

日本のハワイ。

常夏の楽園『スパリゾートハワイアンズ』

巨大な敷地に各種プールと4種類のスライダー。さらに温泉まである。東北にあるのに中は一年中常夏のリゾート。

とはいえ、この「ハワイアンズ」歴史も長く、増築改築を繰り返しているので中はまるで迷路のよう(^_^;)

一日中遊ぶなら、いろいろと必要なものもある。

ハワイアンズマスターの管理人が、必ず必要なもの・あったら便利なもの・以外にいらないものをまとめました。

必ず必要なもの

まずは、ハワイアンズに行くならこれだけは持っていこう!というものを紹介。

  • 水着
  • タオル
  • マスク
  • 着替え
  • クレジットカードまたは電子マネー
  • 100円玉

水着

プールに入るなら必須。

まあ、プールに行くのにもっていかない人はいないと思うけど(^_^;)

万が一忘れてしまっても大丈夫。入り口入って右側にレンタルコーナーがあり、水着タオルなど必要なものはすべてレンタルできます。

レンタルはちょっと……という方は、左手のサーフショップに水着の販売もあり。子供用から各種そろっています。

タオル

着替えの時に体を含以外にも、プールから上がった体を冷やさないためにもプールに1枚持っていくと便利。

場内はかなり暖かいから、基本的に濡れたままでも寒くないけど、外気温によっては結構肌寒い場合もある。

また、ビックアロハや、温泉プール「パレオ」に移動する移動通路の途中は冷房が効いていて結構寒いので、体を冷やさないように注意しよう。

「あったら便利なもの」に書くラッシュガードもあるといいですよ。

マスク

プール内では濡れちゃうので基本的につけないけど、フラダンスショーを見たり、ホテル内に入場する際には必要。

プールでの感染の心配は無いの?

プールで心配なのは、やっぱりコロナの感染リスク。

水の中ではもちろんマスクをすることも難しい。水から上がっていてもその都度マスクをつけるのは大変だから、プールサイドではマスクをつけている人はほとんどいない。

それでは感染の危険があるのでは??

しかし、これには厚生労働省の発表でも、塩素処理されたプールの水からの感染の危険は低いとされています。

プールサイドでも、60%以上の高湿度状態のため感染の危険は低い。

もちろん、安全な距離をとったソーシャルディスタンスは必要だが、プール内でのマスクは無くても安全性は十分に保たれていると言えます。

着替え

日帰りで遊びにいくと、すぐに入れるように下に水着を着てくる場合もありますよね。

その場合、帰りの下着などの着替えを忘れずに。

水着は販売してるけど、下着の販売はなかったですね。

ノーパンで帰りたくなかったら忘れず用意しよう。

クレジットカード・電子マネー

プール内での支払いは現金では大変。

各種クレジットカードや、電子マネーが使用可能。

ほとんどの電子マネーに対応しているが、paypay/Aupay/楽天payのようなスマホQRコード決済には対応していないので注意しよう。

クレジットカードを持っていない場合は、チャージ式のプリペイドカード「プレモカード」が販売されているぞ。

利用可能な電子マネー

スイカを代表とする交通系nanac・楽天Edy・WAON・nanaco・ID・クイックペイなどほとんどの支払いに対応。お財布携帯対応機種なら、スマホ一つで支払いはOKだ。

クレジットカードでの清算にも対応しているが、やっぱり非接触系決済手段があると便利。

エディ・スイカなどを持っていないのなら、入り口のレンタル受付で登録できる リング型非接触電子決済「CocoDa!Pay」 が便利だ。

「CocoDa!Pay」

「CocoDa!Pay」 は、ハワイアンズ内で利用できるリング型非接触電子決済。

はじめにクレジットカードを登録しておけば、当日の支払いは腕に巻いたリングを端末にタッチするだけで決済完了。

登録時に300円の手数料が必要だが、帰りにリングを返却することで300円返金されるので、実質無料で利用が可能だゾ。

100円玉

これだけ電子決済進んでいても、ロッカーは100円玉が必須(^_^;)

使い切りロッカー200~300円と、当日中途中で入れ替えが行える繰り返し式は400~500円。

繰り返し式は最後に100円がバックされるから、実質100円しか違わない。プールサイドの荷物を少なくしたいなら繰り返し式が便利だぞ。

100円玉にするには更衣室前に両替機もあるけど、1台しかないので混みあったり使用中止になっていることも多い。

あらかじめ100円玉を用意していこう。

パパ

100円玉無くて、両替機も使用中止だったから向かいの自販機でコーヒーを購入して崩したよ。おつりは10円玉と100円玉ででるよ。

あったら便利なもの

ここからはなくてもいいけど、あるとすごく便利なものをご紹介。

特に最初の4つはほぼ必須だぞ。

  • 浮き輪
  • スマホ防水ケース
  • 水中眼鏡(度入り水中メガネ)
  • スライダー割引券
  • ラッシュガード
  • 防水バッグ
  • GOPRO

浮き輪

スライダーしか利用しないなら不要だけど、のんびりぷかぷか浮かんで楽しむなら必須。

自動の空気入れが、入り口出てすぐに二つ。

流れるプールの手間に7つあるぞ。

空気の淹れすぎに注意!

自動空気入れの勢いはかなり強い。気を付けないと入れすぎで、浮き輪が爆発することがあるぞ!

パパ

嘘みたいだけど、遊びに行くたびに「ボンっ!」という破裂音を聞くから、大体毎日一個くらいは破裂させてるみたいだね(^_^;)

帰りに空気を抜く際は、浮き輪のレンタルカウンターで無料の「空気抜き」を借りることもできる。

細いストローのような道具をさすことで、バルブを押さえなくても空気を押し出すことができるようになるゾ。

ちょっと使うだけなら浮き輪はレンタルもあり

メインはスライダーで、それほど長く利用する予定がなければ浮き輪はレンタルもあります。

ただし、1時間単位なので一日中使うなら買っちゃった方が安いかも(^_^;)

スマホ防水ケース

現代人に必要不可欠なデバイス。それがスマートフォン。

とはいえ、そのままでプールに持ち込める機種はかなり限定されしまいます。

広いハワイアンズの中で家族と連絡を取り合ったり、モバイル決済で商品を購入したり、カメラや時計としても重宝する万能なアイテム。

プールに持ってくるために『防水ケース』を用意しておきましょう。

首からぶら下げられるタイプが便利。

100均の防水ケースは危険

ケースは何でもいいけど、100円均一のケースはやめよう。

水に入らないならいいが、プールで遊ぶ際にも携帯するつもりなら、きちんとプールでの使用が確認できるものを使用しよう。

きちんとしたものなら、防水ケースに入れたスマホを水着のポケットに入れてスライダーも滑ったけど大丈夫でした。

水中眼鏡(度入り)

今回初めて持って行って、とても便利だったものがコレ。度入りの水中眼鏡。

目が悪くないなら普通の水中眼鏡でも構わないけど、ぼくはかなりの近視。

眼鏡がないと顔の判別がつかない(^_^;)

プールに眼鏡を持ち込むのは危険があるから、前までは裸眼で頑張ってたんだけど、子供たちがはぐれても見つけることもできない。

だけど、度入りの水中眼鏡なら、水の中でもプールサイドでもばっちりです。

パパ

え?プールの外で水中眼鏡はおかしい?いえいえ、呪術回線ではプールじゃなくてもつけてるくらいだから問題ないです!

スライダー割引券

ハワイアンズといえばやっぱりスライダー

今はコロナで来客数が少ないため、ほぼ待ち時間なしで乗り放題。

現在感染対策のため、室内3種の1回券・回数券の販売は休止されている。(ビックアロハは1回券も売ってます)

つまり、スライダーに乗るなら2,350円の1日乗り放題を購入しなくてはいけない。

宿泊者は特別割引で購入可能

宿泊者は、3種乗り放題の一日券を特別価格、1,350円で購入することが可能。

日帰りの場合は、出発前にハワイアンズのホームページからメルマガ登録を済ませておこう。

無料のメルマガ登録で、登録者特別割引券が貰えるゾ。

この割引券があれば宿泊者と同じ1,350円で購入が可能になる。上のバナーからリンクで登録ページに行ける。忘れずに登録して持っていこう。

ラッシュガード

着たまま泳げる服。

防寒にもなるし、何より体型が隠せる^ ^

これは結構利用している人が多かった。

屋外では紫外線防止にもなるから、一着あってもいいかも。

防水バッグ

多少なら水に浸かっても中まで水が入ることのないバッグ。

濡れたら困るタオルや電子機器、マスクなどを入れるのに便利。

実際に持ったまま流れるプールを2周したけど、全く浸水してませんでした。すごい!

サイズや色も豊富にあるから好きなデザインを選ぼう!

GOPRO

スマホでも写真は撮れるが、ケースに入れるとどうしても、くもってしまう。

最新のスマホなら写真もかなり綺麗だが、もともと水の中で撮影することを考えて作られてはいないため、綺麗に写真が撮れるとは限らない。

そんな時に便利なのは、アクションカメラ。

代表的なものはGOPRO

スマホよりもコンパクトなサイズで、写真はもちろん、手振れ補正の効いた綺麗な動画が撮影可能だ。

水中の動画も撮れるのはすごい。

GOPROはめちゃくちゃ高いです

人気も性能もナンバーワンのアクションカメラといえば、やっぱりGOPRO

しかし、最新のGOPROは本体価格だけで、7万円近い値段(゚Д゚;)



これでは、とても奥様の許しが出るとは思えない・・・

お小遣いのたくさんあるお父さんはぜひ購入してくださいね。

一般庶民のお父さんも諦めないで!

とても7万円なんて用意できない(=_=)

でも大丈夫、もっとリーズナブルなアクションカメラもあります。

コチラのアクションカメラは、なんとバッテリー2個、さらに防水ケースをはじめとする、各種アタッチメントがセット!

他に使購入しなくても、撮影できます。これだけセットで6~7千円って、さすが中国製。

とはいえ、映像がひどかったら元も子もないですよね。本家GOPROにはかなわないまでも、十分クオリティの高い動画を撮影することができます。

上記はYouTube用に画質を落としてますが、生データは4K30fpsでの録画も可能。

周辺のゆがみや、手振れ補正は本家にはかないませんが、値段は10分の1だからね。十分すぎるでしょう(^_^;)

しかも僕の使っているのは、数年前の型落ち機種。

現在はもっと進化してるかも。このくらいの価格ならお父さんのお小遣いでもなんとかなるね!

意外となくても大丈夫なもの

最後は、必要そうだけど実際にはほとんど使わなかったものをご紹介。

荷物を少なくしたいなら、この辺りはなくても大丈夫です。

  • サンダル
  • 一眼レフカメラ

サンダル

ハワイアンズの無料貸し出しサンダルは、すごい数用意されています。

めったなことでなくならないので、持参しなくても問題なし。

実際利用するのは、更衣室とプールのデッキまでの短い区間ぐらいだけなんだよね。

プールサイドは基本的にはだし。

なくても問題ないです。

持っていくなら荷物にならないビーチサンダルにしましょう。

一眼レフカメラ

どうせなら素敵な思い出を写真に残したい!

その気持ちはわかりますが、残念ながらプールでは一眼レフカメラの出番はない(=_=)

ホテルの中や道中の記録にはいいけど、その大きさに見合うだけの使い場所がないです。

パパ

張り切ってミラーレス一眼のルミックスと、三脚までかついでいったけど、10枚も撮影しなかったよ。

いまは性能もいいから、基本的にスマホで十分。

荷物にならないコンパクトデジカメか、GOPROで代用しよう。

防水機能のある機種もあるけど、そこまでお金出すならGOPROでいいかも(^_^;)

アクションカメラで写真は取れる?

わざわざ別に用意しなくても、中華アクションカメラで撮影すればいいじゃないか、と思うかもしれない。

でもそれは無理だ。

本家GOPROならともかく、上で紹介した中華なアクションカメラは、普通のカメラとしてはコンパクトデジカメ以下の性能しかないので期待しないように(^_^;)

ちなみに中華アクションカメラを写真用として使うとこんな感じ。

10年前のガラケー画質です。あきらめましょう(◎_◎;)

関係ないけど、ゼンカイジャー面白いよね(≧▽≦)

参考リンク→:戦隊シリーズ45周年記念作品『ゼンカイジャー』が面白い!

まとめ

今回は日本のハワイ、『スパリゾートハワイアンズ』に持っていくのに必要なもの・不要なものについてまとめました。

おさらいすると、

必ず必要なもの

  • 水着
  • タオル
  • マスク
  • 着替え
  • クレジットカードまたは電子マネー
  • 100円玉

あったら便利なもの

  • 浮き輪
  • スマホ防水ケース
  • 水中眼鏡(度入り水中メガネ)
  • スライダー割引券
  • ラッシュガード
  • 防水バッグ
  • GOPRO

なくても大丈夫なもの

  • サンダル
  • 一眼レフカメラ

準備する際の参考にしてくださいね(≧▽≦)

このほかハワイアンズにお得に泊まる、株主優待についても紹介しています。

よかったらこちらもどうぞ!

-福島
-, , , , ,