仙台から東京ディズニーランドへの道その3(快適すぎる!ラジェントホテル東京ベイ)

関東

子供’S+奥様に行きたい行きたいと言われ続けるも、なかなか行けなかったディズニーランド

どうせなら東京であれこれ遊んでこよう!と初日はお台場を散策。

今回は初日の夜。お世話になるお宿のご紹介です。

過去の記事こちらもご覧ください(”ω”)ノ。


https://www.odekakesendai.com/2020/01/16/%e4%bb%99%e5%8f%b0%e3%81%8b%e3%82%89%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%ba%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e3%81%b8%e3%81%ae%e9%81%93%e3%81%9d%e3%81%ae2%ef%bc%88%e3%82%ac%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%a0/

新浦安から20分

ラジェントホテル東京ベイは、あまり交通の便はよくありません。

まあ、その分お安いんですけどね。場所は新浦安から20分ほどのリゾートホテルが多い地区。

高級ホテル以外はたいていこの辺り。ほとんどが送迎バスを用意していてホテルとディズニーランド、駅などをつないでいます。

新浦安からホテルの送迎はバスの時間がかなり限られているから、事前に時間を確認する方がいいですよ。新浦安からは8時以降しかバスがありません。(季節によります)

ラジェントホテル東京ベイ:送迎バス時刻表

その前の時間は直接タクシーで向かうか、舞浜でディズニーランド駐車場初のバスに乗る必要があります。送迎バスの発着場は駅から結構歩くので、 今回はちょっと疲れたのでタクシーを利用することにします。

新浦安からラジェントホテル東京ベイまでは、1000円でした(*‘ω‘ *)

ラジェントホテル東京ベイ

入り口の立派なヤシが素敵なホテルです(≧▽≦)

今回は一番安いスタンダードトリプルの部屋。こちらはベット2台+ソファーベッド1台の最大3人のお部屋。

ちょっと狭いけど、寝るだけなら十分です。写真には写ってませんが右に壁掛けのテレビがあります。

うれしいのは浴槽とトイレが別(≧▽≦)

ユニットバスでお風呂に入っているときトイレが使えないのは不便。何よりあの浴槽で体を洗うというシステムになれません(^_^;)

特に子供と一緒に入るのは不可能に近い。ここは洗い場があるので子供と一緒に入っても余裕です!

洗面台はちょっと高いけど子供用に踏み台も用意されていて助かりますネ。

アメニティとして、子供用にかわいらしいクマちゃん歯ブラシとクマちゃんスリッパが用意されていました。これはお持ち帰りOKです(≧▽≦)

ホテルでのお食事は?

ラジェントホテル東京ベイの中にはレストランはりません。周囲にはレストランや他のホテルもあるのでそこで食べることもできますが、今から出かけるのも大変(;´Д`)

じゃあ、宿泊者はどうしているかというと、コンビニ弁当です!

駐車場の横にローソン

ホテルの駐車場の脇、というかほとんど敷地内にローソンがあります。宿泊者の多くはここでお弁当を買ってホテルに持ち込んでいます。

ホテルももちろん公認しているようなもので、ホテルのラウンジには電子レンジが4台常設されていて、いつでもウェルカム状態(^_^;)

しかも宿泊者は14時~25時まで飲み放題のドリンクバーサービスがあります。

夜ごはんを買って来れば、ラウンジでジュース飲み放題。レンチンして暖かいお弁当が食べられるわけです。ある意味すごく合理的。

レストランで食べたければホテルに入る前に食べてきましょう。

ちなみに、朝食付きプランの場合はこのラウンジにお弁当が届きます。

送迎バスでいざディズニーランドへ!

送迎バスはかなりの本数が出ているので、ちょっと待てばすぐ乗れます。

ディズニーランドまでは約30分。それなりにかかるので、オープン入場希望なら早めの便を利用しましょう。

おまけ情報

送迎バスの運転手さんの中で「水木英海」さんにあったらラッキー(≧▽≦)

普通は業務連絡くらいしか話すことのない運転手さんですが、この方はしゃべるしゃべる!

物まねから観光案内、お得情報など軽妙なトークでバスの中を楽しませてくれます。

こんな車内なら移動中も楽しいですよね(≧▽≦)

次回予告!

ついにたどり着いたディズニーランド!

時期をずらしたつもりだったけど、激込み!

今回5年ぶりくらいに来たらいろいろと変わっていることもあった。便利になったアプリなど、東京ディズニーランドについてご紹介予定です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました