OCNモバイルでRedmi Note 9sを買ったからレビューしてみる

redmi-note表紙 パパの趣味
redmi-note表紙

2020年、この秋ついに3大キャリアに別れを告げ、AUからOCNモバイルONEにMNPによる乗り換えを成功させた。

その時一緒に購入したのが、今話題のRedmi Note 9s。

通常販売価格では4G/64GBタイプでも、25,000円相当するところを、キャンペーンでかなり安く購入することができた。

残念ながらOCNではキャンペーンが終了しているけど、今ならBIGLOBEモバイルを契約すると、得点のキャッシュバックを含めることで、2,560円相当で購入のチャンスがあるから、安く手に入れたい人は要チェックだ!

まさパパ
まさパパ

その他の特典もかなり充実しているゾ。以前使っていたことがあるけど速度も速くかなりおすすめだ。

BIGLOBEモバイルの格安スマホはこちら

Redmi Note 9sってどんなスマホ?

XIAOMI 日本ホームページから

Redmi Note 9sは中国のスマホメーカー「XIAOMI」のミッドシップモデルスマホ。

とは言え、その性能はハイエンドに匹敵するくらい高性能だ。

通常、2万円台のスマホといえば、ネットとメール、youtubeくらいそこそこ楽しめるレベルの性能が一般的だが、このRedmi Note 9sはほとんどハイエンドと同等レベルの機能をギュギュっと押し込んである。

まさパパ
まさパパ

こまかい数値による性能は専門サイトに任せるとして、ここでは単純に一般ピーポーである私が使ってみた感想をお知らせしていくぞ。

とにかくデカい。重い。

ディスプレイサイズは6.67型液晶。

iPhone 11proMAXが6.5型で高さ158㎜、幅77.8㎜、厚さ8.1㎜に対して、

Redmi Note 9sは高さ165.75㎜、幅76.68㎜、厚さ8.8㎜と幅こそ細いが、全体的に一回り大きい。

一般的なスマホケースだと入らないものもあるかもしれない。

解像度で言えばiPhoneに劣るが、個人的には必要十分な画質だと思う。

その分バッテリーもデカい。

iPhone 11proMAXの電池が3,969mAhなのに対し、Redmi Note 9sは驚異の5020mAh!

画面がデカいがバッテリーの持ちは十分にある。通常使用なら2~3日は平気で使える。

そのくせ、重量的にはiPhoneが226g、Redmi Note が209gと1割近く軽い。

まあ、200gOVERは十分重いけど、価格と性能を考えればかなりスゴイ。

正直この大きさは、女性の手には余ると思う(^_^;)

フォートナイトは遊べるか?

今回、Redmi Note 9sを選んだ一つの理由がコレ。

フォートナイトのような3Dゲームもサクサク動くということで選んだんだけど、実際のところは結構コマ落ちする。

けちって4G/64GBモデルにしたのがいけなかったのかもしれないけど、乱戦になると処理が追い付かなくなるのか数秒フリーズしたり、コマ落ちが起こるので、快適に遊べるというほどではない。

まあ、スマホでの操作に快適を求めるのが無理があるのかもしれないけど、ゲームメインで考えるならもっと上位の機種か、せめて6G/128GBモデルを選択した方がいいと思うぞ。

カメラは超優秀。4眼カメラとAIの力

なんと、この価格で背面4眼+フロントの合計5個のカメラを搭載。

今までは単眼カメラの機種しか使ったことがなかったから、このカメラ性能には驚き(゚Д゚)

誰が撮ってもきれいに撮れる。

一番の驚きは「ポートレートモード」での背景ボケ。

簡単設定で絞り値f1相当のボケを再現できる。これ、もう一眼レフ持ち歩くのがバカになるレベルできれいなんですけど(^_^;)

Redmi Note 9s左下のロゴは消せます

まさパパ
まさパパ

左下にロゴが写るけど、もちろんこれは設定で消すこともできるぞ。

写真を撮ると、標準設定のままだとずっと左下に透かしのロゴが写っているのだが、これは消すことも可能。

手順は

  1. カメラを立ち上げ、右上”三”みたいなアイコンをタッチ。
  2. 歯車型の設定をタッチ
  3. ”透かし”をタッチ
  4. デバイスの透かしをオフにする。

これで撮影時の透かしは消すことができる。

この設定では、画面に日付を入れたり、透かしに入れる文字を変更することも可能だ。

Redmi Note 9sの欠点

カメラ部分の出っ張りが気になる

気になるところとしては、カメラ部分がかなり本体から飛び出していること。

無理やり4眼も入れているから多少が仕方ないが、かなり気になる。

でもこれも、付属になっているケースに入れることでかなり改善される。

中国メーカーのいいところはほとんどのメーカーがスマホカバーをセットになっていること。

裸で使うことはほぼない、初めからセットしてくれているのは嬉しいよな!

ケースに入れるとほとんど気にならないところまで厚みが抑えられる。よく考えられているなぁ。

おサイフケータイ機能がない

まさパパ
まさパパ

Redmi Note 9sをメインスマホにできない唯一の原因がコレ。

マイナポイントを子供たちの分を合わせて”スイカ”と”Edy”に設定している私としては、おサイフケータイ機能がないのは致命的。

参考⇒:登録だけで5000円還元、こどものマイナポイントどこに登録する?

現在は前のXperiaとの2台持ち状態。

おサイフケータイ機能を求めると、スペックと価格の面で折り合いがつかない。

どこか全部入りで安いスマホ作ってください!

完全防水ではない

「P2i防水加工という独自のナノコーティングを施している」ということで、多少の雨程度で壊れることはないのだろうが、水没にどこまで耐えられるかは未知数。

国際規格のIPXでどのレベルなのかは、メーカー発表がないのでわからない。

こちらのページで水没実験を行った結果は、「防水とはいえない」という結果だったようです。

特に下面のマイク端子、イヤホンジャック、USB-C端子から入水するようだ。

その対策なのか、標準のケースにはUSB端子にだけ”蓋”がついている。

まさパパ
まさパパ

でもこのふた、充電の時めんどくさいんだよね。取っちゃおうかな。

まとめ

Redmi Note 9sは安いだけあって、欠点も色々あります。

  • でかい・重い
  • カメラの出っ張り
  • おサイフケータイ機能非対応
  • 音質がいまいち
  • 完全防水ではない

でもこれらのデメリットを上回る以上の高コスパは魅力。ほかにはなかなか真似できない高性能低価格。

これを理解した上なら、メイン機種として十分なスマホですよ。

今ならBIGLOBEモバイルの新規契約で激安で購入可能。

気になったらチェックしてみよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました