dカードを持ってるとahamoに乗り換えできない?なんで?対処方法紹介

ahamo表紙 パパの趣味
ahamo表紙

携帯料金戦国時代

大容量、3000円以下が常識に変わりつつあるこの時代。

この流れに乗っておかない手はないでしょう!

という訳で、さっそくdocomoの新プラン『ahamo』にMNP(ナンバーポータビリティ)してみたんですが、これがなんだか難しかった!

どうやら、docomoユーザー以外の、dカードの紐づけされたdアカウントからは「ahamo」に申し込みができないらしい。

何でかはわからないが、仕方ない。

結論として、dアカウントとカードの紐づけをはずせばいいんだけど、これがまた面倒だった(^_^;)

今回はそんなお話。

基本的な話「ahamo」って何?

菅総理の

「携帯料金ってもっと安くなるんじゃないかい?」

というお言葉を受けて、ドコモが動いた

今までは、少量データなら各種格安SIM

大容量なら楽天モバイルが「使い放題2,980円!つながりにくいけど我慢してネ」

というスタンスでのサービス提供だった。

しかし、ドコモが『20G!2980円!』を発表したことで、スマホ業界に激震が走った。

スマホの料金は高すぎる!?自分の契約を再確認

docomoの発表を受け、各社横並びに続々3,000円程度の低価格プランを発表。

それに伴い、楽天はさらなる値下げを余儀なくされ、ついに基本料金を0円まで値下げた。

格安SIMも負けじと、各社で値下げした新プランを発表している。

まさパパ
まさパパ

まさに今が、自分の契約状況を見直すチャンスだゾ。

スマホの月額料金が1万円なんて時代は平成で終わり。

令和ではとんでもない価格破壊が起きている。

携帯会社によっては自分で契約変更を申し込まないと、いつまでも高い価格のままという場合もある。この機会に確認しておこう。

価格破壊の筆頭『ahamo』

その新料金プランの代表こそ、docomoが提供を開始した『ahamo』だ。

月額料金は、当初の発表よりさらに値下げされ、月額2,970円(税抜2,700円)

税込みでも3,000円を下回る価格で、2021年の4月から提供が開始されている。

私は先行申し込みのエントリーをしていたので3000ポイント、そして15日以降の契約ならさらに3000ポイント追加で6000ポイントももらえるのだ。

まさパパ
まさパパ

これは、乗り換えるしかないでしょう!

現在の契約情報の確認と今後の予定。

さて、現在の契約状況だが、

使用端末キャリア種類容量月額料金
メイン回線PIXL4a(5g)OCNモバイル物理SIM1G1,298円
サブ回線PIXL4a(5g)楽天モバイルeSIM無制限0円

ユニバーサル料金込みでも1,301円と超お得に利用支えてもらています(≧▽≦)

ただし、昨年からお世話になっている私の楽天モバイル。1年無料は3月でおしまい。

OCNも値下げにはなったけど、このままだと4月は以下のように変わってしまう。

使用端末キャリア種類容量月額料金
メイン回線PIXL4a(5g)OCNモバイル物理SIM1G770円
サブ回線PIXL4a(5g)楽天モバイルeSIM無制限0~3,278円

超ヘビーユーザーの私は月間20G程度、容量を消費する。

もちろんOCNの1Gなんかじゃ足りないので、楽天は最大料金まで跳ね上がる。

そうなると4,000円オーバー

3大キャリアを利用しているのに比べればかなり安いが、このままではモッタイナイ。

そこで、MNPを利用した料金プランの組み換えを決行してみた。

計画では以下のような構成になる予定だ。

使用端末キャリア種類容量月額料金
メイン回線PIXL4a(5g)ahamo物理SIM20G2,970円
サブ回線PIXL4a(5g)楽天モバイルeSIM無制限0~3,278円

こちらに組み替える。

楽天は使わなければどうせタダなので、サブ回線として残し、メイン回線を最も信頼のおけるdocomo回線にするのだ。

これによって月額は2,970円に抑えられる。

楽天も最近はかなりつながりやすくはなってきたが、やはり建物内では圏外になることがまだあるのも確か。

docomoの回線が使えるのはやはり意味合いが大きい。

ahamoの申し込みはスマホがおすすめ!

さっそくahamo専用サイトからMNPを申請しよう!

注意しなくてはいけないことがある。

お得な料金プランである『ahamo』は店頭サポートを行わないことで格安料金を実現している。

そのため、街のドコモショップやヨドバシカメラなど量販店のdocomoコーナーでの契約はできない。

たまに、ショップで『ahamo』のポスターを張り出して集客しているお店もあるようだが、お店に行ったところで、店舗での契約はできない

ahamoを餌に情弱ユーザーを呼び寄せて、高いプランを契約させるという『悪質な営業手法』(通称アハモフック)が行われていることが問題視されてニュースになっていた。

参考リンク→:ドコモ、「アハモでギガホ勧誘」景表法違反か(3/26東洋経済オンライン)

今はそんなことしているショップはないと思うけど、騙されないようにしよう。

 ahamoに申し込もう。

さっそくahamoに申し込みを始めよう。

ネット契約のahamo専用サイトから申し込みが可能だ。

必要なものは、

  1. 本人確認書類(免許証など)
  2. 支払い用のクレジットカード
  3. 現在契約中のキャリアで発行される10桁のMNP番号(新規契約なら不要)
まさパパ
まさパパ

MNP番号は、キャリアによっては即時発行されない場合もある。

事前に発行依頼をかけておくのがおすすめだゾ。

専用サイトからの申し込みは、パソコン、スマホどちらからでも行えるが、おすすめは断然スマホだ。

パソコンからの『ahamo』に申し込み

文字入力が楽なので、始めはパソコン版のサイトから申し込みをしてみた。

ちょっと見にくいけど、右上に「申し込み」リンクがあります。

まずは契約の選択。

docomoからか、それ以外か?

本体を購入するか否かが選択できる。

現在のスマホがahamoに対応していないなら、新しく本体を用意する必要がある。

だけど、販売しているスマホ本体は3機種しかないうえ、たいして安くもないので他でSIMフリー端末を用意した方がいいかも(^_^;)。

このあとでは、お得にスマホ本体を購入する方法も紹介しているぞ。

端末が対応していなくても契約は進んでしまうので、しっかり確認しておこう。

安く新しいスマホ端末本体をゲットする方法

例えば、楽天モバイルを契約して格安価格でスマホ本体をゲットする!

楽天は使用しないで、ahamoのSIMを乗せて運用(楽天は使わなければ0円)ということもできる。

まさパパ
まさパパ

デュアルSIM対応なら、楽天をサブにして2枚で運用してもいいね。

SIMフリー端末でも、ahamoの周波数に対応していない場合もある。

購入前に必ず対応機種一覧で確認しておこう。

オプションの選択と月額料金の確認

月額料金は、税込み2,973円。安い!

このあと、端末の対応状況の確認。その他確認事項をチェックしたら本人確認に進みます。

パソコンからの本人確認が、難易度めちゃ高い(◎_◎;)

MNPの場合、現在のキャリアで発行された番号を入力します。

入力が終わると、本人確認のページに移動。

オンライン上で免許証などを撮影して本人確認が行われます。

ただし、パソコン版はこの『本人確認作業』の難易度がめちゃくちゃ高い(◎_◎;)

パソコンにWEBカメラが搭載されていれば、本人確認書類を撮影して送信するんだけど、カメラ性能が足りないのか、撮影が下手なのか全く認証されない。

カメラは先週購入したばかりで最新なのに…

悪戦苦闘の末、パソコンでの登録は断念。

スマホでの契約を行うことにします(=_=)

 スマホからだと本人確認の写真撮影が簡単

基本的な手順はパソコンと同じ、本人確認までサクッとすすめます。

本人確認はスマホのカメラで撮影。こちらはスマホのカメラなら難なく認証されました

続けて、本人確認書類の表面と厚み、裏面を撮影。

最後は本人の顔を撮影。真正面だけでなく、指示に従って顔を動かして撮影します。

申請完了したら、元の画面に戻って登録を続けられます。

お客様情報の入力-支払い補法の設定-注意事項の確認が終われば申し込み完了です(≧▽≦)

問題発生!docomoユーザー以外でdカード持ってると登録できない!

 すべてが終わって、注文を確定したら謎のエラーが発生!

このdアカウントでは申し込み出来ないって?!

よくよく見たら、dカードが紐づいたアカウントでの登録はエラーになるらしい。

ahamo契約のためにわざわざdカード新しく契約したのに、あんまりだ!

原因不明のため、Q&Aで検索をかけると、こんな回答がありました。

dカードとdアカウントの紐づけを解除

どうやらdカードの紐づけを解除しなくてはいけないらしい。

しかし、探し方が悪いのか、そんな項目は見つからない(ノД`)・゜・。

仕方なくサポートにお電話。

コールセンターのお姉さんにお願いすれば、アカウントとの連携を解除してもらうことができました。これでやっと最後の登録まで到着。MNP依頼完了です。

いや~、新規登録ならこんなことないんだろうけど、予定外にいろいろ手間取ってMNPするのに2時間もかかってしまいました。

あとはSIMが届くのを待つばかり(≧▽≦)

先行エントリーに登録していたなら、SIMが届いたら忘れずに専用サイトで3000ポイントをゲットしておこう。

まさパパ
まさパパ

期限は6月30日までだぞ。

ahamoよりお得、0~2000円以下で使えるスマホ!

まさパパはヘビーユーザーなので20Gでも足りるかどうかというところだけど、一般の人はせいぜい5Gもあれば十分と言う人の方が圧倒的に多い。

その場合は、むしろahamoなどのキャリアが提供する大容量格安プランより、さらにお得になった『格安SIM』を利用する方がお得な場合が多い

おすすめは、代表キャリア3社(docomo・au・Softbank)のサブブランド格安SIM

まさパパ
まさパパ

親ブランドのネットワークを優先的に利用できるから、通話品質・通信速度は大手キャリア並み。

なのに価格はリーズナブルなのが特長だゾ。

Yモバイル

言わずと知れたSoftbankのサブブランド。

最安値は3Gの月額2,178円(税抜1,980円)

家族割適用で半額以下の3G:990円/月になる

事務手数料なし・期間縛り・解除料もなし。

その上ヤフープレミアム(月額508円相当)も付いてくるので、実質482円!!

家族割(もしくは学割)が利用できるなら最安値かも。

UQmobile

こちらはauのサブブランド『UQmobile』

最安値は3Gで1,628円

家族割はないが、学割適用で家族を含めてYモバイルと同じ3G:990円/になる。

au端末を使用している場合は、そのままSIMの差し替えで利用できる場合が多い。

OCNモバイルONE

docomoのサブブランドという訳ではないが、同じNTTグループということで紹介。

OCNの最安値は1Gで770円。

他社に合わせて3Gで見ても990円/月だ。

単独で契約した場合は最も安い

そして、最大のポイントはスマホ端末の大安売り。

特にRedmiやOPPOといった中華スマホの安売りがスゴイ。

タイミングよければそこそこのスペックのスマホが1円で手に入る。

まさパパ
まさパパ

キャリアの乗り換えとともに機種も変更したいなら、OCNが一押しだゾ。

楽天モバイルUN-LIMIT-Ⅵ

サブブランドではないけど、格安料金なら外すことができないのが『楽天モバイル』

1年間無料こそ終了したものの、基本料金0円の衝撃はすさまじい。

普段使わなくても、サブ回線として契約だけしておくのもアリだ。

とはいえ、0円なのは1Gまでで、3Gまで使った場合は税込1,078円(税抜980円)と、ほかのサブブランドと同じ価格帯になる。

普通に使っても1Gで納めるのは難しいから、基本的に家から出ない人や、デュアルSIMのサブ回線としての利用でもない限り0円にはならないかもしれない。

ただ、今でも基本料金は3ヶ月無料。本体購入で最大25000ポイントプレゼントなどのキャンペーンは継続中(2021年4月現在)基地局もだいぶ充実してきているから、検討の余地は十分にアリだ。

IIJmio

サブブランドではないけど、プラン的にも、スマホ端末的にもお得なキャンペーンをしているから、IIJmioも紹介しておこう。

最安値は2Gの月額858円(税抜780円)だ。

4Gでも1,078円(税抜980円)と他社よりちょっとだけお得な設定なのが憎い(^_^;)

IIJmioは格安SIMでは唯一『eSIM』に対応しているから、iPhoneやpixelシリーズのようなデュアルSIMにeSIMを使用できる端末のサブ回線としてもおすすめ。

OCNに負けないくらいの、スマホ大特価を開催中

売り切れだった商品もこっちで購入できるかも?!

まとめ

今回、ahamoへのMNPで つまづくかもしれない、dカードとdアカウントでエラーが出た場合の対処法を紹介した。

スマホのMNPはちょっと面倒だけど、一度行うだけでずっと安く利用することができる。

仮に月に5,000円かかっていたスマホ代が1,000円になったら、年間で48,000円もお得になるんだ!

まさパパ
まさパパ

この機会に今のスマホの契約がどうなっているのか、確認してみよう。

また、古い機種を使っている場合は、ぜひ機種交換も検討してみよう。

今のスマホの使い心地は2年前の機種と比べると雲泥の差だゾ。

過去記事に、pixel4a (5G) と、Redmi note 9sのレビュー記事もあるので参考にしてほしい。

上手に使って、快適なスマホライフをおくりましょう!

参考リンク→:OCNモバイルでRedmi Note 9sを買ったからレビューしてみる

参考リンク→:話題のGoogle純正スマホ「pixel4a(5G)」を購入したよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました